ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

ガネーシャに学ぶ成功法則「夢をかなえるゾウ」を読んで

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

夢をかなえるゾウの小説

2007年に発売された「夢をかなえるゾウ」。

小説は普段まったくと言っていいほど読まないのですが、これはなぜか購入して読みました。

 

TVドラマにもなっていた夢ゾウ。

本当に大好きで、ドラマは録画して何度も観ました。

 

最近、断捨離をしていて、本棚を整理していたところ、ふとこの小説の存在を思い出しました。

 

今もう一度読んだら何か感じ方とか違うかな…?

 

さっそく読んでみました。

 

ちなみに2と3も出ていますが、まだ読んでいません。

(順番に読んでいこうと思っています。)

 

 

夢をかなえるゾウの好きなところ

具体的に書いてある

この本は、1日ひとつの課題がガネーシャ(インドの神様)から出されます。

 

その課題はとてもシンプルですぐにできることばかり。

 

例えば・・・

  • 靴をみがく
  • コンビニでお釣りを募金する
  • 食事を腹八分におさえる
  • トイレ掃除をする
  • お参りに行く

など。

 

そして、なぜその課題をすると成功に近づけるのかを数々の偉人たちのエピソードをまじえて教えてくれます。

 

あたしも「募金をする」をさっそくやってみました。

(コンビニではないですが。)

www.fikalog.com

関西弁なので親しみがわく

なんでしょう、この安心感と面白さ!

おそらくそれはガネーシャが関西弁だからじゃないかと思うのです。

 

まるでコントのような漫才のような、お笑いを見ているような感覚です。

 

とても親しみがわきます。

 

それと、TVドラマを何度も見ているので、どうしてもガネーシャの台詞の声が古田新太さんの声で脳内再生されます(笑)

 

古田さん、ハマり役でしたよね。

 

成功している人が自然としていること

どんどん行動する

ガネーシャからの課題を実際にやってみた人はいったいどのぐらいいるでしょうか。

 

成功するには行動することとよく言われますが、まさにその通りだと思うのです。

 

と言っているあたしはまだ「募金をする」しか行動にうつしていません。

あかんやん(笑)

 

人間は本当にやってみてどう感じたか、経験してはじめて学んでいくものなのだと思います。

 

ただ本を読んだだけ、セミナーに行っただけでは何も変わらないですよね。

 

その時はこれで自分は変われるんだと興奮しますが、行動しなければ何も変わらないのです。

 

そして、行動にうつしたら、それを継続することが大切ですね。

1回きりではなく、習慣にするのです。

 

さあ、やらない言い訳ばかり探している暇があったら、今この瞬間に何かひとつでもやってみましょう。

 

何か変わるかもしれませんよ。

 

人を感動させることができる

あたしは、以前働いていたところの社長が言っていた言葉を今でも覚えています。

 

それは、

人を満足させるのは普通。お客さまの望んでいる以上のことをして、感動させること。それが我々の目指すサービスだ。

というような内容でした。

 

いい意味で期待を裏切るということ。

 

ガネーシャも同じようなことを言っていました。

 

相手の予想を超える何かをできた時、人から感謝され、また会いたいとかまたお願いしたいと思ってもらえるのではないでしょうか。

 

応援したくなるような夢を持っている

いい家に住みたいとか、かっこいい車に乗りたいとか、成功してお金持ちになりたいとか。

そういう自分を満たすだけの夢ではなく、大事なのは「誰かを幸せにできる夢」を持っているかどうかです。

 

例えばお金持ちになってどうしたいか。

その先に誰か他の人の幸せがあるかどうか。

 

自分の夢を叶えることによって、誰かの夢も叶う。

そういう夢を持っている人は応援したくなりますよね。

 

「応援したくなるような夢を誰かに話す」ということは、夢を叶える近道だと思っています。

ぜひそういった素敵な夢を持っているなら、周りの人に話してみましょう。

www.fikalog.com

どんなことにも感謝をする

感謝をする…わかっていてもなかなかできないことのひとつではないでしょうか。

あたりまえのことにも、どんな小さなことにも「ありがとう」って感謝をする。

 

あたしは以前「嬉しかったこと日記」をつけていたことがあります。

いいこと、嬉しいこと、幸せなことがあった時にノートに書き記していきます。

 

そうすると、1日にこんなにも嬉しいことあったんや!って心が満たされていきます。

 

「あぁ、あたしってこんなにも幸せやったんや」

 

そう感じられるようになります。

 

自分が幸せで満たされていて、はじめて誰かのことも幸せにできるんじゃないかな?とあたしは思います。

 

どんなことにも「ありがたい」「ありがとう」「おおきに」って、感謝したいですね。

 

最後に

特に難しくもない課題なのですが、頭ではわかっていても、なかなか行動にうつせていなかったり、先延ばしにしていたりしがちですよね。

 

今日、今すぐにできることからやっていきましょう。

 

まずは「嬉しいこと日記」を再開しようかなと思います。

 

笑える本ですが、最後は少し泣けますし、とってもタメになる本です。

2と3も読んでみようと思います。

 

最後にあたしの大好きなガネーシャの言葉をどうぞ。

成功だけが人生やないし、理想の自分あきらめるのも人生やない。

ぎょうさん笑うて、バカみたいに泣いて、死ぬほど幸福な日も、笑えるくらい不幸な日も、世界を閉じたくなるようなつらい日も、涙が出るような美しい景色も、全部全部、自分らが味わえるために、この世界創ったんやからな