ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

ブログを毎日更新することを目標にしていたけど、質の高い記事を書くことの方が大事だと気づいた

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

この記事でちょうど50記事目。

目標の100記事まであと半分です。

 

ところであたし、アドセンスの審査にまた落ちてしまいまして、どうしたものかと頭を抱えていました。

 

いろいろ調べて、やっと大事なことに気づいたのです…。

そのことについて書こうと思います。

 

 

今回、アドセンスの審査に落ちてあたしがしたこと・すること

パソコンでタイピングしている人

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash


不承認のメールが届くたび、あそこがダメだったのかな〜あれが足りなかったのかな〜と試行錯誤してきました。

 

しかし、今回はさすがにもう何回も落ちているので、どこをどう直したらいいのか途方に暮れてしまいました。

 

そこで、アドセンスのヘルプフォーラムで自分と同じ理由で不承認だった人の例を、徹底的に検索したのです。

 

すると、自分のブログに足りないところや改善点などが見えてきました。

 

  • カテゴリーをすべて5記事以上にすること
  • グローバルナビゲーションの設置
  • サイトマップについて勉強
  • スマホから見た時のプライバシーポリシーとお問い合わせの表示

また、再審査は必ず2週間以上あけて申請すること!!!

 

そして大切なことに気づいたのです。

 

ブログを書いている目的はなんなのか?

クエスチョンマーク

Photo by Emily Morter on Unsplash


記事を毎日更新するという目標をたてて、今まで50日間続けてきましたが、なぜ毎日更新するべきなのでしょうか?

 

誰に言われたわけでもなく、自分でたてた目標なわけですが、どうしてネタが思いつかなくてウンウンうなってまで書かなければならないのでしょう?

 

それでも良質な記事が50記事あればそれはそれでいいのですが、中には「今日も記事を書かなければ」としぶしぶ書いたものもあったように思います。

 

振り返ってみて、あの記事は自分の中であまり納得いかない記事だったなと思うもの、あなたもありませんか?

 

どうしても今日の分を更新しなければいけないけど、ネタが思い浮かばない…「えーいこれでいいや!」と書いた「妥協した記事」はありませんか?

 

あたしは1日1記事を更新して100記事達成するぞー!ということが目標ではありますが、それが目的ではなく、アドセンスを貼って収益をあげることが本当の目的なのです。

 

なら、まずアドセンスに通るために、質の高いサイトを構築しなければいけません。

 

あたしにしか書けないものとは

ノートに文字を書いている人

Photo by Chivalry Creative on Unsplash


誰でも書けるような、いろんなサイトから寄せ集めしただけの情報ではいけないことも、あたしの考えや自分が体験したことを書くべきなんだということも重々承知です。

 

でも、全くそれができていなかったなと思う記事もありました。

 

もっとあたしの言葉で書くべきだったなと思う記事はリライトしたいと思います。

 

そもそもあたしにしか書けない記事ってなんでしょう?

 

ここ10年ぐらいやってきたアート活動のことかな?

それともこのブログでこうやっていろいろ学んでいることを書くべきかな?

 

経験したこと、体験したこと、自分で買って試したもののこと、読んだ本のこと、などなど…。

 

今までの記事ももう一度見直して、独自性の高い記事にしていきたいです。

 

最後に

パソコンで作業中、頭を抱える女性


毎日ブログを更新して1ヶ月で30記事書いた人と、3ヶ月かけてのんびり30記事書いた人、どっちが偉いかとかはありません。

 

良質な記事を1ヶ月で30記事書いたのなら、それにこしたことはないのです。

 

しかし、その場しのぎの記事を書いたり、内容が薄っぺらい記事ばかりになってしまったのなら、たとえ3日に1回の更新でも質の高い記事を書いたほうがいいはずです。

 

これはアドセンスに合格するためだけでなく、今後のブログ運営のためにもなります。

 

そのほうが検索流入が見込めるからです。

 

もちろん記事を量産することも大事です。

でも、なるべくこれからは良質な記事を書くことに意識を向けたいと思っています。

 

合わせて読みたい記事

www.fikalog.com