ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

イラスト描くだけで満足してない?画家・クリエイターにオススメのSNS

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

以前、画家やクリエイターはぜひSNSをしたほうがいいよ!という記事を書きました。

www.fikalog.com

今はスマホひとつで簡単に世界へ発信できる時代です。

せっかく描いた絵や作品は、どんどん世に出していきましょう。

 

そこで、今回はオススメのSNSをご紹介します。

 

 

Instagram(インスタグラム)

レトロなカメラ
2017年の流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」でも有名なInstagram。

 

FacebookやTwitterと比べて、若い子がたくさん使っている印象です。

 

写真を撮ったり、加工してアップロードしたりするSNSで、動画も載せられます

 

なので、作品をアップして、ポートフォリオのような使い方をしたり、制作過程を動画で撮ってみたり、クリエイターにとって使いやすいSNSだと思います。

 

また、ハッシュタグ「♯」を使えば、それに興味のあるユーザーが見にきてくれます。

 

たとえば「#アート」だったり「#イラスト」だったり。

 

これを英語にすれば英語で検索している人(主に外国人)にもヒットします。

 

たとえば「#art」や「#illustration」など。

 

なので、ハッシュタグをうまく利用すれば、世界中のたくさんの人に作品を見てもらえます

 

「いいね!」がつくとやっぱり励みになりますし、次の作品も頑張ろうと思えますよね。

 

あたしはInstagramでたくさんのクリエイター仲間と出会いました。

日々刺激をもらっています。

www.instagram.com 

Twitter(ツイッター)

Twitter
140文字という短い文と写真を投稿することができるSNS。

 

何か展示などの情報を発信するもよし、作品や制作中の様子を写真に撮ってアップするもよし。

 

普段どんなことを考えているか、心の中や頭の中を出してみるもよし!

 

FacebookやInstagramよりも気軽に発信できる気がします。

 

Twitterのいいところは、いいと思った投稿(ツイート)を簡単に他の人とシェア(リツイート)できるところだと思っています。

 

たとえば個展の情報をツイートしたら、それを見てくれたフォロワーさんが拡散してくれたとします。

 

さらに、それを見たフォロワーさんのフォロワーさんがまた拡散してくれたりします。

 

そうやって、どんどん広がっていく場合があるので、いい意味でも悪い意味でもツイートが一人歩きしていくことがあります。

 

宣伝したい内容だった場合、ありがたいですよね。

 

あたしはTwitterのアカウントを4つも持っています。

プライベート用、絵の活動用、音楽用、そしてこのブログ用。

 

Twitterはコミュニケーションもとりやすいですし、気軽に発信できるので好きなSNSのひとつです。

twitter.com

Facebook(フェイスブック)

Facebook
少し年齢層の高めなSNS。

 

お店や会社をしている人、ビジネスで使っている人が目立ちます。

 

あたしも2011年ごろから使っていますが、今はあまりがっつり活用していません。

 

ただ、絵の活動をされる人には、個人のページよりもFacebookページ(ファンページ)をオススメします。

 

FacebookページはFacebookのアカウントを持っている人なら誰でも作ることができるページです。

 

ページにいいね!してくれた人に発信できるファンページです。

絵や動画を投稿したり、イベントを立ち上げたり、また生ライブの配信もできるようになりました。

 

Facebookは様々な業種の人と繋がれる貴重な場所です。

お仕事に繋がる出会いがあるかもしれません。

 

まだ登録していない人はぜひ登録してみましょう。

www.facebook.com

note(ノート)

ノート
実はリリースされた当初からしばらく使っていたnote。

 

うまく使いこなせず退会してしまいました。

 

しかし、もう一度挑戦してみようかなと思っています。

 

noteはTwitterやFacebookのようにタイムラインで流れており、文章・画像・音声・動画などがアップできる仕様になっています。

 

どこが他のSNSと違うかというと、それに値段がつけられるということ。

 

興味のある方に自分のノートを購入していただけます。

 

そしてすべてのノートに投げ銭機能がついています。

 

noteに関してはまたはじめたら記事を書きたいと思います。

note.mu

pixiv FANBOX(ピクシブファンボックス)

ボックス
クリエイターの創作活動を応援できるファンコミュニティーサイト

 

クリエイターは月額いくらか設定でき、支援を募ることができます。

 

支援してくれるファンは、イラストや小説、音楽などクリエイターが投稿する支援者限定投稿を見ることができるのです。

 

自分のオンラインファンクラブのようなコンテンツですね。

 

pixivのアカウントを持っているクリエイターはどなたでも登録可能です。

www.pixiv.net

最後に

SNSのアイコン

もう全部やってるわ!って人はぜひこれからも続けて発信してみてください。

きっと何かに繋がるはずです。

 

あたしはSNSをはじめて、人生が変わりました。

Twitter、Facebook、Instagramをやっていなかったら、今のあたしはないと思っています。

それぐらい、素敵な出会いがたくさんありました。

 

あまりがっつりやる必要はないと思います。

作品ができたらアップするためにログインする、そのついでに少し見る。

そのぐらいでも十分です。

 

SNS疲れが出ない程度に、自分のペースでやりましょう。

 

大きな仕事や面白い仕事に出会えるかもしれませんよ。