ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

LINEのトークは監視されているって本当?知らない間に情報を提供しているかも?!

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

iPhone X


あなたはLINEを使っていますか?

メールを送るよりも簡単にやりとりができて便利なアプリですよね。

 

あたしもほぼ毎日使っています。

 

そのLINEですが、Twitterなどで「LINEのトークが監視されている」「LINEのトークはオープンで人に見られている」などといった噂があったそうです。

 

え?それって本当?

これだけ聞くと怖いですよね。

 

あたしがした対処法も合わせてご紹介します。

 

 

ネット上の間違った噂

Twitterなどで「LINEのトークルームの内容が漏れている」「設定ちゃんとオフしなきゃダメだよ」などと注意喚起されていたのですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

LINE側はこう説明しています。

 

公式ブログでも

本件は、皆さまへのより良いサービスの提供を目的としております。友だち(ユーザー)同士でやり取りしたメッセージや画像・動画などの内容、通話内容などは含みませんのでご安心ください。 

 というふうに書かれております。

じゃあ「同意する」を選択した人のみ提供する「特定の情報」とはなんなの?ってことで見てみると、次のように書かれていました。

 

友だちとのトークルームに関しては

・使用したスタンプ、絵文字、エフェクト、フィルターの種類
・トークの相手、日時、既読、データ形式※、取消機能やURLへのアクセスなどの利用状況

を提供する内容とする、と。

他にも公式アカウントとのトークルームの開示やタイムラインでのスタンプなどが対象と書かれていました。

 

ということは、トークの内容は対象外ということですよね。

 

デフォルトでは「同意」している

ちなみに、この件で以前LINEのプライバシーポリシーが変更になった際「同意する」を選択している人は、すでにこの「情報を提供する」を同意したことになっています。

 

LINEの設定を一度確認してほしいのですが、あたしもオンになっていました。

 

  1. LINEの友だちのページの歯車マークをタップ
  2. プライバシー管理
  3. 情報の提供
  4. トークルームの情報を確認

f:id:Fikalog:20180715112550j:plain

ここがオン(緑色)になっていると情報を提供していることになっています。

あたしは念のためオフにしました。

 

ただ、LINEは別に悪いことして盗もうとしているわけではありません。

ちゃんと「不正利用の防止、サービスのさらなる改善・開発等のため」と書いてありますし、会話の内容を提供するわけではないので、この設定も緊急を要するものではありません。

 

それでも、やっぱりなんだかいい気分はしないなと思うのであれば、オフにしたほうがいいでしょう。

 

最後に

いかがだってでしょうか?

 

この情報、ご存知でしたか?あたしは今朝知りました。

 

噂だけを鵜呑みにするのではなく、どういうことなのかちゃんと調べて対処したいですよね。

 

オフにしたほうがいいよ!ということではなく、こういった選択ができるよということをお伝えしたかったので、今回はそれを書きました。

 

なので、オン・オフにする判断はご自身でされてくださいね。

 

ではでは。