ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

毎日がつまらないのなら、いいこと日記を書いてみよう|書き方と効果

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

あなたは今、幸せですか?毎日を楽しく過ごしていますか?

もし少しでもつまらないなと思うのであれば、試してみてほしいことがあります。

 

それは「いいこと日記」です。

 

日記?そんなことで幸せになれるの?

と思われた人もいるかもしれませんね。

 

しかし、少なくともあたしは、いいこと日記を書きはじめてから毎日、心が満たされています。

 

ではいいこと日記とはどのようなものなのか、ご紹介します。

 

 

いいこと日記とはどんなもの?

ノートに文字を書いている人

 

いいこと日記、またはしあわせ日記、うれしかったこと日記。

 

いろんな言い方がありますが、その名の通り、その日あったいいことや嬉しかったことなどを日記に書く

それだけです。

 

そう、めちゃくちゃ簡単なんです(笑)

 

でもそれだけで本当に幸せになれるの?

と思いますよね。

 

実際は「幸せになる」のではなく「幸せに気づく」という方が正しいのではないでしょうか?

 

人はみな、すでに幸せの中を生きているのです。

 

それに気づけるか、気づけないかの違いなのです。

 

では、さっそく書いてみましょう。

 

準備するもの

ノートとボールペンとメガネ

Photo by David Travis on Unsplash

お気に入りのノートとボールペン。

 

以上です。

 

ノートはどんな大きさでもいいですが、持ち歩けるように小さめのほうがいいかもしれません。

 

あたしはB6サイズのリングノートに書いています。

 

少し高くても、お気に入りのものを選んでください。

書いていてわくわくするものがいいでしょう。

 

書き方

いいことがあったら、なるべくすぐにノートに書きます。

書き方は箇条書きにします。

 

たとえば…

  • 友だちから久しぶりに連絡がきた!
  • ランチに行ったお店でデザートサービスしてもらった。
  • 職場の人に飴ちゃんもらえた。
  • 美容院行ったら、会う人みんなに髪型似合うって言ってもらえた!
  • 仕事帰りのアイスコーヒーがめちゃくちゃ美味しかった。

こんな感じで、どんどん書いていきます。

 

はじめのうちは、そんなにいいことばっかりないし…と思うかもしれません。

その場合は「できたこと」も書いていきましょう。

 

  • ずっと後回しにしていた仕事、片づけた!
  • 久しぶりに〇〇のお店に行けた。
  • 道に落ちていたゴミを拾った。

などなど。

 

このように、ノートをたくさんのいいことで埋めていってください。

これを毎日続けます。

 

いいこと日記の効果

風船をたくさん持っている手

Photo by Gaelle Marcel on Unsplash

さて、いいこと日記にはどんな効果があるのでしょうか。

 

ある程度書いたら、ノートを読み返してみましょう。

心が満たされて幸せな気分になりませんか?

 

ならなければ、もう少し続けてみてください。

 

自分だけでなく周りも幸せになる

心が満たされて、幸せだと感じることができると、それは周りにも伝わります。

 

イメージとしては、バケツの中に水がポタンポタンと溜まっていく感じです。

そして、たくさん溜まっていつかは溢れ出てきます。

 

すると、周りにも水が行き渡ります。

 

自分が幸せになることで、周りも幸せになります。

 

誰かの幸せを願うなら、まずは自分が幸せだと感じることです。

 

五感が鍛えられる

いいことや嬉しいことを感じるためには五感を働かせておく必要があります。

 

  • 朝ごはんを美味しいと思えた
  • 素敵な音楽と出会った
  • 道に咲いていた花がとってもいい香りだった
  • 買ったタオルがふわふわで気持ちよかった
  • ふと立ち止まって見た空がとても綺麗だった

こんなこと、普段感じていますか?

 

スマホを片手にご飯を食べていては、ご飯の美味しさに気づけないかもしれません。

 

また心に余裕がないと一瞬感じた香りなんかは、すぐに忘れてしまうでしょう。

 

五感を使うことは幸せを感じるために、とっても大切なことです。

 

いいこと日記を書くコツ

いいこと日記には特にルールはありません。

 

ただ楽しく、わくわくして日常にある「いいこと」をかき集めていってください。

 

でも、もしあんまり書くことがない!と筆が進まないのであれば、いいことのハードルをうんと下げてみてください。

 

たとえばこんなことでもいいのです。

 

  • 朝、目覚ましより先に起きられた。
  • おニューの靴をおろした。
  • いいお天気だった。
  • お風呂がちょうどいい温度で気持ちよかった。
  • ドライブが楽しかった。

 

もっとハードルを下げると…

 

  • 今日も笑顔でいられた。
  • 3食ご飯が食べられた。
  • 今日も健康であること。

などなど。

いかがですか?

 

あたしは、自分の誕生日が10月21日なのですが、10時21分を見たら嬉しくて、そのことを書いています。

運転していて、すれちがった車のナンバーが10-21だったら、それもテンション上がって書いています(笑)

 

こんなことでもいいのです。

 

とにかく心が少しでも踊ったら書きましょう。

 

最後に

幸せそうな女性の後ろ姿


さて、あなたは今日だけでどれだけの「いいこと」を見つけられましたか?

 

もちろんたくさんあればいいというものではなく、一行でも全然問題ありません。

感じたら、その都度どんどん書いていってくださいね。

 

普段なにげなく過ぎていく毎日が、実はとっても幸せで満ち溢れていることに気づくでしょう。

 

最初のほうはアンテナを張り巡らせておかないといけないかもしれませんが、慣れてくるとまるで「いいことメガネ」をかけているようにいいことばかりが目につくようになります。

 

さあ、あなたもぜひお気に入りのノートで「いいこと日記」をはじめてみてくださいね。

 

あなたの日常が、とびきり素敵な日々となりますように。