ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

あなたの色彩感覚が簡単にわかる診断テストと鍛え方

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

先日、Twitterで色彩のテスト結果をシェアしている人がいました。

 

絵を描く人間として、あたしもやってみたくなり、さっそくスマホでサクサクと受けてみました。

 

 

色彩テスト

絵の具のついた筆で絵を描いている人

Photo by Alice Achterhof on Unsplash

このテストの受け方

1. 他のボックスに比べて異なる色のボックスをクリックします。

2. 最初のボックスをクリックすると、テストが開始します。

3. それぞれの回で15秒考える時間があります。

4. 間違ったボックスをクリックすると、3秒マイナスされます。

wvw.igame.com

あたしの結果は…?

 

トラ!

一番すごいのが「タカ」で、あたしはその次の「トラ」でした。

いや〜難しい。

 

f:id:Fikalog:20180705102527p:plain

 時間制限があるので最後の方、めっちゃ焦りますね。

 

 

これだけで飽き足らず、他のテストもしてみました!

 

cupe.site

すると驚きの結果になったのです Σ(・□・;)!!!

 

f:id:Fikalog:20180705095824p:plain

 

あなたはわずか1%色彩能力に選ばれました。
非常に優れた色彩感覚を持っています。
ピカソやマチスなどの有名な画家のような色彩能力と、特別な色彩感覚により、他人と異なる美的感覚を持っています 

 

えっΣ(゚Д゚ )

まさかの全問正解!?

 

この問題が簡単なんじゃないの?あたしがすごいの?いやいや、本当に?

 

びっくりしました。

 

みなさんはいかがでしたか?

 

色彩感覚を鍛えるには?

絵の具で描かれた絵

Photo by Steve Johnson on Unsplash

では、どうやったら色彩感覚を鍛えることができるのでしょうか?

 

大人の塗り絵をやってみる

あたしは小さい時から塗り絵が好きで、よくやっていました。

 

今は、大人の人向けにたくさん塗り絵が出ていますよね。

ぜひそれで色彩感覚を育ててみてはいかがでしょうか?

 

塗り絵にはストレス発散やリラックス効果が期待できるそうです。

また自律神経が整うともいわれています。

 

スマホの塗り絵アプリをする

すきま時間や暇つぶしに、スマホでできる塗り絵が人気ですね。

これなら出先でもできちゃいます。

 

あたしは普段から、Photoshopで自分のボールペン画に色塗りしているので、わざわざアプリはインストールしていませんが、デジタルで色塗りをすると微妙な色の差がわかるようになります。

 

なので、上記のようなテストの問題はPhotoshopを使う仕事の人は、わりと高得点が狙えるのではないかと思います。

 

App Storeなどで「塗り絵 無料」と検索してみてくださいね。

 

色彩検定の勉強をしてみる

この際、資格の勉強なんかいかがでしょうか?

 

あたしは高校の時に色彩の授業があり、そこでがっつりと学びました。

結局、色彩検定は受けずじまいですが、楽しい授業でした。

 

色彩の勉強をするといろんなところで役立ちます。

アートだけでなく、インテリア、ファッション、メイク、建築、料理の盛り付けなんかにも使えますよね。

 

詳しくは、色彩検定協会/カラーコーディネーターをご覧ください。

 

最後に

絵の具と筆

Photo by Maria Fernanda Gonzalez on Unsplash

いかがでしたか?

見えるからいいとか、見えないからダメとかそういうことではなく、色の感じ方もひとつの個性だと思います。

 

犬や猫など動物もそれぞれ違うようですね。

 

ちなみに人間も男性と女性の見え方が少し違うそうです。

 

女性は1色1色がどの色なのか細かくはっきり見えていますが、男性は大体の大まかな色しかわからず、同じような色は一括りにして1色として認識しているようです。 

 

色ってとても身近なものですが、こうやって改めて考えてみると面白いですね。

また勉強したくなりました。

 

興味のある方はぜひテストをやってみてくださいね。