ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

イラストや絵画を描くときに使っている画材やツールを紹介するよ

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

最近あたしの絵に興味を持ってくださる人がチラホラいてくださり、画材はどんなものを使っているの?という質問があったので、紹介しようと思います。

 

どんな絵を描いているかは、こちらをご覧ください。

www.fikalog.com

 

 

ボールペン

ボールペン

 

あたしが愛用しているボールペンはuni-ballのSigNo超極細0.28mmです。

他にもベタ塗り用に、0.5mmや太字1.0mmも使います。

 

もう替え芯をいっぱい所持しているほど、絵を描くときはこればっかりです。

 

なんといっても、スラスラ描きやすい!

後で紹介しますが、ケント紙との相性が抜群です。

 

細かい模様も0.28mmならばっちり描けます。

 

他のもいろいろ試しましたが、もうずっとこれのお世話になっています。

線画を描かれる方はおすすめです!

 

ケント紙

ケント紙

 

いつからかずっとこのケント紙を使っています。

一枚ずつはがして使えるので、とっても便利です。

 

ケント紙はボールペンで描くとき、画用紙のようにひっかかる感じがなく、スラスラ描けるので気に入っています。

 

またキレイにスキャンできるので、もうケント紙以外は考えられません。

 

ポストカードサイズの絵を描くときももちろんケント紙を使います。

 

Photoshop

Photoshopの画面

 

これは、カメレオンという作品の尻尾の部分を着色しているところです。

 

さっきのケント紙に、超極細ボールペンで描いた線画をスキャナでPCに取り込み、Photoshopで着色します。

 

細かすぎて気が遠くなるような作業ですが、ボールペンで下絵を描いているときよりかはまだこっちの方が楽しいです(笑)

 

Photoshopは高校の授業で少し触りましたが、ほとんど覚えていなかったため、独学です。というより、いじっていたら覚えました。

 

まだ知らない機能とかいっぱいあるんだろうけど。

ちなみにillustratorは持ってるだけで、ほとんど使っていません。(もったいない。)

 

ペンタブレット

ペンタブ

 

Wacomのペンタブレット、BAMBOO。

 

かなり小さめです。なのであたしのように細かい線画の作品をひとつ完成させようと思うと、ちょっと窮屈かもしれません。

 

あたしは、ボールペンで描いた下絵の修正に使ったり、ちょっとしたイラストを描くときぐらいしか使っていません。

 

でもスキャンしなくていいという面では、とても楽ですね。

 

メディウム

メディウム

 

次はキャンバスに描くときの画材を紹介します。

 

絵の具を塗る前にキャンバスに下地材を塗っておきます。

なくても大丈夫ですが、あたしは表面が盛り上がっていたりするのが好きなので、最近はいつもモリモリ塗っています。

 

使い方は自己流なので、あっているのかわかりませんが、筆やペインティングナイフでキャンバスに広げます。

 

モデリングペーストはおもしろい動きや凹凸を出してくれるので、楽しいです。

 

メディウムは、実際に見たほうがわかりやすいので、いろいろと試してみることをおすすめします。

 

アクリル絵の具

ターナーのアクリル絵の具

 

ターナーのアクリルガッシュを愛用しています。

マットな質感が好みです。

 

好きな色ばっかりを集めて写真を撮りました(上の絵の具の写真)

この10色はよく使っている色です。

 

高校のときは油絵専攻だったので、なかなか乾かず大変でした。

そのことを思うと、すぐに乾くのでどんどん描けて嬉しいですね。

 

アクリル絵の具は、パッとした発色が好きです。

 

しかし絵の具は値段が高いので、あまり大きなキャンバスの絵は描けていません。

いつかまた巨大キャンバス(F80号ぐらい)が描けたらいいなと夢見ています。

 

色鉛筆

色鉛筆

 

これはあたしが楽器店に勤めていて、退職するときにいただいた色鉛筆です。

 

ほぼ肖像画にしか使っていません。

 

水彩色鉛筆なので、芯が柔らかく、色を塗ったところを筆で濡らすと水彩絵の具のように描くことができます。

 

練り消しや消しゴムでも消しやすいので、デッサンするのにもいいと思います。

 

ちなみに、肖像画を描くときの鉛筆は、三菱鉛筆のHB〜6Bを使っています。

 

最後に

基本的にはボールペンとケント紙、そしてPhotoshopを使うので、お金があまりかかりません。

 

でもこれからは、キャンバスに絵の具(+ボールペン)といった作品も増やしていきたいと思っています。

(アクリルガッシュやキャンバスが買えるように頑張って働くぞ!)

 

もし気になる画材がありましたら、試してみてくださいね。

 

以上あたしが普段使っている画材やツールの紹介でした。