ふぃかろぐ

アートやライフスタイル、ブログ運営のことなどいろんなことを書いている雑記ブログ。

アロマオイルで作る虫除けスプレーのレシピと蚊にさされた時の対処法

どうも、ふぃかです。

 

こんにちは。

 

アロマテラピーに用いる精油とラベンダーの花


暑くなってきましたね。

外に出かけることも多くなってくるのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが虫ですよね。

 

実はそんな外出時にもアロマテラピーが役に立つのです!

 

今回は虫除けに効果的なスプレーの作り方と、蚊にさされた時の対処法をご紹介します。

 

 

虫が嫌う精油

アロマテラピーで用いるアロマオイル(精油)には、虫が嫌う香りのものがあります。

その代表的な精油はこちらの3つです。

ちなみに虫除けに使われる精油の香りをあたしはあまり好みません。

あたし虫なのかな…(笑)

 

レモングラス

レモンに似ていて、草っぽい香りが特徴。

蚊を寄せつけないシトロネラールという成分がたくさん入っているため、虫除け効果が高い精油です。

ストレスを解消し、気分をリフレッシュさせる働きもあります。

 

シトロネラ

レモングラスと同じく蚊が嫌う成分を多く含んでいるため虫除けに最適。

コットンにたらしたものをタンスに入れて、衣類の虫除けにしたり、キャリアオイルなどで薄めたものを肌に塗布して虫除け剤代わりに使用するのもオススメです。

 

ゼラニウム

ローズに似た甘く優しい香りが特徴。

殺虫効果も期待できるので虫除けとしても親しまれています。

心身のバランスを整えて明るく元気にしてくれます。

 

これ以外にもレモンユーカリも虫除け効果の高い精油です。

 

虫除けスプレーの作り方

作り方はとっても簡単です。

 

  1. スプレーの容器に無水エタノールを5ml用意します。
  2. 上記で紹介したような、虫の嫌う香りの精油を10滴入れます。
  3. 軽く振ってよく混ぜます。
  4. そこに精製水45mlを入れます。
  5. ふたをしめてよく混ぜます。

できあがり〜♪

 

容器やエタノール、精製水などの材料は、百均やドラッグストアで揃えることができます。

また全国の生活の木に行けば精油もありますし、全部揃うと思います。

 

注意点

  • 使う前は、毎回よく振ってからスプレーしてください。
  • 冷暗所で保管し、2週間以内に使いきりましょう。
  • 肌の弱い人は使う前にパッチテストをおこなってください。
  • 肌にあわない場合は使用を中止してください。

 

アロマテラピーがはじめての方は、合わせてこちらの記事もお読みください。

 

www.fikalog.com

※アロマオイルは必ず100%天然のものを使ってください。百均などで売られているものは香料などで作られた合成のものの可能性が高いです。

100%天然のエッセンシャルオイル以外は、虫除けの効果はありませんのでご注意ください。

 

蚊にさされた時は

どんなに虫除けをしていても、蚊にさされる時ってありますよね。

 

そんな時はかゆみの出る前に、消毒・殺菌作用の強いティートゥリーを1滴綿棒にとって、患部に直接つけてケアしましょう。

 

我慢できずに、かきむしってしまった場合は、キャリアオイルにラベンダーやフランキンセンスを落としてよく混ぜ、適量を患部に塗るといいでしょう。

 

ラベンダーやフランキンセンスには皮膚細胞の再生を促す働きがあります。

 

最後に

エッセンシャルオイルを持っている手


今回はアロマを使った虫除けをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

材料さえ揃えばとっても簡単に作ることができます。

 

市販の虫除けの方が効果はありますが、やはり自然のものを使いたいという方も多くなってきています。

 

ぜひ一度作ってみてはいかがですか?